過去の修理・カスタマイズ
資料

ケース製作

2009/11/29

アンティーク時計の修理とカスタム 懐中時計ケースのオーダーメイド

ケース製作

 当店では、既存のアンティークムーブメントに合わせたケース製作を行っています。

かつての名品の多くが金・銀の再生などの目的でケースを剥ぎ取られ、ムーブメント単体にされてしまっている現状は大変残念なことですが、それらのムーブメントは完全に寸法・仕様の合ったケースを製作することによって再び時計として蘇ります。

またオリジナルのケースに入った完品をお持ちの方でも、日常の使用によってオリジナルケースを傷つけたくない、というような場合には日常使用のためのケースを別作することによってオリジナルケースを温存することができます。

まず、お持ちのムーブメントを良く拝見した上で好みのデザインを充分伺い、ケースの設計・製作に入る流れとなります。

写真は旋盤で切削によってベゼルを製作しているところです。

アンティーク時計の修理とカスタム 懐中時計ケースのオーダーメイド

グラスバック・ヒンジ付き

 

ベゼルや裏蓋以外にケースのセンター部、ペンダント、ボウ(下げ管)、ヒンジ(蝶版)なども製造当時と同様に全て切削によって製作します。

写真は19世紀半ばのカギ巻き懐中時計用のもの

アンティーク時計の修理とカスタム 懐中時計ケースのオーダーメイド

腕時計ケース直径約4cm

アンティーク時計の修理とカスタム 懐中時計ケースのオーダーメイド

スナップ式グラスバック

 

 

 

小型の懐中時計のムーブメントに合わせて腕時計用ケースを製作することも可能です。

こうすることによって、元々腕時計として作られたものと比較しても遥かに高品質なムーブメントの搭載された腕時計が出来上がります。

写真は19世紀後期のJules Jurgensenの小型懐中時計ムーブメントに合わせて製作した腕時計ケース

ガラスバックにすることにより素晴らしいムーブメントをいつでも鑑賞できます。

アンティーク時計の修理とカスタム 懐中時計ケースのオーダーメイド

スナップ式ベゼル

アンティーク時計の修理とカスタム 懐中時計ケースのオーダーメイド

スナップ式グラスバック

 

 

こちらは1870年代の貴重な自社製ムーブメントに合わせて製作したもの。

ケースのボリューム・ペンダントの形状等、お好みで自由にデザインしていただけます。