過去の修理・カスタマイズ
資料

ネジの青焼き

2010/04/02

アンティーク時計の修理とネジ青焼きのカスタム

ネジ青焼き前

アンティークの懐中時計では、元々ネジが青焼きされた物が数多くあります。

しかし、長年のメンテナンス等により青焼きが薄くなっていたり、キズが付いてしまい青焼きがハゲてしまった物をよく目にします。

パスタイムでは、その様な青焼きのパーツ(ネジや針)をもう一度仕上げ直し、当時の綺麗な青焼きに戻すことも承っております。

※錆の多いパーツは仕上げ直し、青焼きを入れても綺麗な青にならない場合があります。

アンティーク時計の修理とネジ青焼きのカスタム

受けネジの青焼き

 

今回は、元々青焼きのネジではない時計を青焼きに仕様カスタマイズしていきます。

アンティーク時計の修理とネジ青焼きのカスタム

角穴、丸穴車とクリックネジ青焼き

 

まずは、時計の受けネジのみを青焼きにカスタマイズした写真です。

 

次に、受けネジと角穴車、丸穴車、クリックを留めているネジを青焼きしました。

シャトンがネジ留めされていない時計では、これでネジの青焼きは完成となります。

アンティーク時計の修理とネジ青焼きのカスタム

シャトン留めネジの青焼き

 

最後にシャトンを留めているネジを全て青焼きを入れます。

このように元々ネジが青焼きがされていない時計も、青焼きにする事でムーブメントの表情がかなり変わることが分かります。

アンティーク時計の修理とネジ青焼きのカスタム

機留めネジの青焼き

 

機留めネジも青焼きにすると、ムーブメントを見た時に見えるほぼ全てのネジが青焼きとなりました。