過去の修理・カスタマイズ
資料

バージ ヘリカルギア製作

2010/08/01

吉祥寺のアンティーク懐中時計の修理とエングレービング ヘリカルギア製作

痛んだヘリカルギア

 鎖引きのバージ式懐中時計のヘリカルギアです。

ヘリカルギアは、同じバージ・フュジーの懐中時計でも初期のものに多く採用され、18世紀半ば以後の物にはあまり見られない機構で、このヘリカルギアとワームギア(ワームギア製作の項ご参照下さい)のコンビネーションで香箱内でのゼンマイの初期トルクを調整出来る様になっています。

ヘリカルギアの方は、このように香箱の裏(下)側(この写真では香箱を逆さに写しています)にあり、香箱芯の角柱部分に圧入されています。

ちなみにこのヘリカルギアは、かなり歯先が減っている上に一箇所亀裂が入っていますから交換が必要です。

吉祥寺のアンティーク懐中時計の修理とエングレービング ヘリカルギア製作

歯切り旋盤にて製作

 

歯切り旋盤に真鍮の棒をセットし、適切な形を持ったカッターで歯切りしてゆきます。

吉祥寺のアンティーク懐中時計の修理とエングレービング ヘリカルギア製作

歯切り完成  

 

一通り歯切りが完了した真鍮の棒です。

この後歯切りされた先端部分を切り落とし、必要な加工を加えてゆきます。

吉祥寺のアンティーク懐中時計の修理とエングレービング ヘリカルギア製作

歯車の完成

 

切り落とされた歯車です。

まだ中心の角穴は開いていませんし、厳密に同形状にはなっていません。

吉祥寺のアンティーク懐中時計の修理とエングレービング ヘリカルギア製作

ワックスチャックにて加工

 

ワックスチャックを使い、厳密に中心を合わせた上で歯車を旋盤にセットし直します。

吉祥寺のアンティーク懐中時計の修理とエングレービング ヘリカルギア製作

角穴あけ

 

完全な中心に穴を開けたら、あらかじめ香箱芯の角柱部分と同寸法に製作してある角柱のタガネで角穴を抜きます。

せっかく中心に丸穴が開いても、角穴を開けるときに中心がずれてしまっては意味がないので注意が必要です。

残念ながら、中心をずらさずに角穴を開けるタガネの厳密な形状等は企業秘密なので、ここではお見せすることができません。

吉祥寺のアンティーク懐中時計の修理とエングレービング ヘリカルギア製作

香箱に取り付けた様子

 

完成したヘリカルギアを香箱芯にセットした状態です。

吉祥寺のアンティーク懐中時計の修理とエングレービング ヘリカルギア製作

ワームギアと噛み合った様子

 

時計が組み上げられた状態で、香箱の下においてワームギアと噛み合っているヘリカルギアです。

先述した通り、ヘリカルギアとワームギアはムーブメントの組み立て後にゼンマイの初期トルクを設定したり変更したりするときのみ動かすもので、普段時計が稼動している際に動くことがありません(力は掛かっていますが)。

この時計は既に250年以上の年数を経たものですが、このワームギアを再度製作しなければいけなくなるのはおそらく100年以上先の事でしょう。