過去の修理・カスタマイズ
資料

ヒゲ玉製作

2009/09/23

割れてしまっている懐中時計のヒゲ玉

 

天芯のヒゲ玉を取り付ける軸が太いまま無理やり差し込まれたために、ヒゲ玉が割れて、変形してしまい、ヒゲゼンマイのセンターも狂ってしまっています。

天芯交換にあたって、ヒゲ玉の穴に合った軸を削りだせばこの様な事にはならないのですが、旋盤を使用せずに、厳密に寸法の合っていない既製の交換用天芯を使用すると、このようなことが起こります。

実際のところ、軸の太さがヒゲ玉の穴に合っておらずこの様に割れてしまったり、逆に緩すぎる為に接着剤で天芯とヒゲ玉が接着されてしまった物はよくある不具合です。

ヒゲ玉取り外し

 

まずはヒゲ玉を、ヒゲゼンマイから取り外します。

この様に、ヒゲ玉は横に穴が開いていて、ヒゲゼンマイを小さなクサビによって取り付けられている為、取り外す事が出来ます。

穴あけ

穴あけ2

 

 

 

 

 

 

旋盤に真ちゅう棒を挟み、センターに穴を空けた後、ヒゲゼンマイとクサビの入る穴を開けていきます。

半分完成

 

クサビの穴と上半分の仕上げが出来た所で、旋盤から切り取ります。

ヒゲ玉完成

 

反対側の仕上げを終え、切り込みを入れてヒゲ玉自体は完成です。

ヒゲをヒゲ玉に取り付け

 

ヒゲ玉をクサビでヒゲゼンマイに取り付けた後、ヒゲ玉がヒゲゼンマイの中心に来るように調整して完成です。

天芯に取り付け完成  

 

天芯も新しく切り直し、ヒゲゼンマイを取り付けた天輪。