過去の修理・カスタマイズ
資料

ボウ製作

2010/01/23

アンティーク時計の修理とカスタム バージ懐中時計ケースの修理

異なった真鍮素材のボウが付いたケース

 ケース素材のシルバーに対して異なった真鍮素材のボウが取り付けられてしまっています。

ボウ自体も全体の形状が崩れパイプが薄くなり、時計の落下事故に繋がる恐れがあります。

アンティーク時計の修理とカスタム バージ懐中時計ケースの修理

銀線を円形に加工

 

銀の各線を叩き曲げ円形にします。

旋盤に加えるため端はロウ付けします。

アンティーク時計の修理とカスタム バージ懐中時計ケースの修理

形状を切り出し

 

旋盤によってテーパーラインを切り出します。

アンティーク時計の修理とカスタム バージ懐中時計ケースの修理

銀パイプ

 

別パーツでケースとの接続箇所である銀パイプを製作します。

アンティーク時計の修理とカスタム バージ懐中時計ケースの修理

リングとパイプをロウ付け

 

銀リングと銀パイプをバーナーでロウ付けします。

アンティーク時計の修理とカスタム バージ懐中時計ケースの修理

研磨 整形

 

パイプをケース接続寸法分カットし整形、研磨します。

アンティーク時計の修理とカスタム バージ懐中時計ケースの修理

ケースの風合いに色を燻し合わせシルバーピンでかしめて完成です。

 

ケースの風合いに色を燻し合わせシルバーピンでかしめて完成です。