過去の修理・カスタマイズ
資料

0サイズ 小型懐中時計のギチ車、ツヅミ車 時計部品製作

2020/01/30

懐中時計 ギチ車 ツヅミ車 

新規で製作したギチ車とツヅミ車(左)と歯先が折れたギチ車(右)

0サイズの小型懐中時計のギチ車、ツヅミ車の歯が折れてしまっています。このままでは正常な動作が出来ませんので、新規に作り直す必要があります。傷んだギチ車の写真は撮影しましたが、ツヅミ車の方は撮り忘れてしまいました。。。

 

リボーンウォッチ パーツ製作

スチール棒材からベースを削り出し

 

 

スチール棒からツヅミ車のベースを削り出します。

懐中腕時計 製作

削り出したツヅミ車のベース

 
リボーンウォッチ カスタム腕時計

ツヅミ車のベースに角穴を開けたところ

 

 

巻き芯が通る角穴を開けます。

懐中腕時計 カスタム オーダーメイド

ツヅミ車の歯先を削り出し

 

 

ギチ車の歯とかみ合う歯を製作します。

リボーンウォッチ カスタム腕時計

ツヅミ車歯の内側の加工

 

 

 歯の内側を加工

リボーンウォッチ オーダーメイド時計

ツヅミ車にカンヌキ溝の削り

 

 

ツヅミ車側面にカンヌキ用の溝の加工を行います。

リボーンウォッチ 懐中腕時計 オーダーメイド

ツヅミ車 歯切り、溝削り完了

 

 

 

歯切り、溝加工が終わり熱処理前の状態です。

懐中腕時計 オーダーメイドカスタム時計

ツヅミ車 焼き入れ前

 
リボーンウォッチ 懐中腕時計 オーダーメイドカスタム

焼き入れ処理後のツヅミ車

 

 

 

熱処理が終わりました。

新規製作したギチ車と組み合わせたところ。ギチ車の歯とツヅミ車の歯の隙間が無いことを確認します。

 

 

ギチ車とツヅミ車を組み合わせて、歯の面が密着して隙間の無いことを確認します。

後年に修理されたもので、いい加減な歯切りで製作された、隙間だらけの面が合わないギチ車やツヅミ車を見かけます。ギチ車、ツヅミ車の歯の面が接地していない状態では両方の歯車を傷めてしまうので、絶対に面が密着した歯車を作る必要があります。(歯が傷んでしまうと、巻き上げ不良の原因になります。)

 

 

上記作業が終わったら、鏡面仕上げを行い完成となります。完成したギチ車、ツヅミ車の撮影を忘れてしまいましたので、写真がございません。。。次回ご紹介する際は忘れずに撮影いたします!