過去の修理・カスタマイズ
資料

巻止め フィンガー製作

2010/06/30

吉祥寺のアンティーク懐中時計の修理とエングレービング 巻止め製作

巻止めフィンガー部分の破損  

極めてよくある故障ですが、巻止めのフィンガーピースの先端が折れてなくなっています。

当然巻止めは機能しません。

吉祥寺のアンティーク懐中時計の修理とエングレービング 巻止め製作

鉄板に角穴を開けた様子

 

フィンガーピースの元になる鋼の板を選び出し、中央に香箱芯ぴったりの角穴を開けます。

尚、この時点では鋼材に焼きは入っていません。

吉祥寺のアンティーク懐中時計の修理とエングレービング 巻止め製作

フィンガー部を削り出し

 

旋盤で外周部に線をけがき、徐々に落としてゆきます。

吉祥寺のアンティーク懐中時計の修理とエングレービング 巻止め製作

フィンガー部以外を切削

 

フィンガーピースの形状・寸法が大まかに整った様子です。

吉祥寺のアンティーク懐中時計の修理とエングレービング 巻止め製作

動作確認

 

更に巻止めのクロス(歯車)との動作を確認しつつ厳密に仕上げてゆきます。

吉祥寺のアンティーク懐中時計の修理とエングレービング 巻止め製作

仕上げ・完成

 

形状・寸法が仕上がったら、焼き入れ・焼き戻しをした後、表面の仕上げをクロスと同様の梨地仕上げにします。

注) ここでは焼き入れ等の様子が割愛してあります。

吉祥寺のアンティーク懐中時計の修理とエングレービング 巻止め製作

巻止め機構の復活

 

フィンガーピースが完成し、巻止めが機能するようになりました。