過去の修理・カスタマイズ
資料

歯車付き巻芯製作

2009/12/18

痛んだレディース腕時計の巻芯

 一部の時計で、歯車が一体となった巻芯があります。

今回はレディース腕時計のバックワインドの巻芯が錆により腐食していますので製作いたします。

歯切り

 

先ずは歯を歯切り旋盤で製作します。

左が新たに切った歯車

 

歯の径、枚数など、同じ歯車を切ります。

歯切り完成

 

歯車部分が完成しましたら、続いて本体を旋盤で加工していきます。

 

ネジ穴加工

 

ネジ穴を開け、ネジを切っていきます。

この巻芯のネジは逆ネジですので、逆ネジを切る為のタップも製作しました。

角部分加工

 

ネジが切れましたら、竜頭がはまる角柱部分を削っていきます。

太さを加工

 

柱が出来ましたら、本体を時計の巻芯が入る穴に合わせ、全体を削っていきます。

熱処理後

 

近い寸法になった所で熱処理をして、テンションを効かすための算盤玉の様な部分を加工していきます。

熱処理後下が新規製作した巻芯

 

最後に歯車の厚みを削り完成です。

竜頭側

 

竜頭側の欠けてしまっていた巻芯も、これで元通りになりました。

文字盤側

 

文字盤側の歯車です。

竜頭を引いた時に、隣の小鉄車と噛み合い、時刻合わせが出来る仕組みとなっています。