過去の修理・カスタマイズ
資料

歯車製作(日の裏車)

2009/10/10

103

折れてしまった懐中時計の日の裏車

 油切れなどで筒カナが硬くなっている状態で時刻合わせを無理に行うと、写真の様に日の裏車の歯が欠けてしまったり、小鉄車の歯が欠けたりします。

今回は日の裏車の歯が2本折れてしまっているので、歯切り製作いたします。

歯切り1

 

真ちゅう棒を旋盤で日の裏車の径まで削り、歯切り旋盤で一本づつ歯を削りだしていきます。

歯切り2

 

これで全ての歯が削りだされました。

折れた歯車との比較

 

元の折れた日の裏車と、新たに削りだされた歯車です。

この後、センターに穴を開け、厚みを削っていきます。

カナ取り外し

 

元の日の裏車の真ん中に付いていたカナは傷んではいないので、外して新たに製作された歯車にカシメます。

完成

 

時計に組み込み完成です。