過去の修理・カスタマイズ
資料

針製作(分針)

2009/10/10

 

合わせられた分針

分針が時針とデザインも違えば、色も違い、明らかに後から合わせられた物なので、製作し交換します。

 

丸棒を削り角棒にします  

 

時針と同じ色の鋼材を、ハカマの厚みに合わせて削っていきます。

削り込み

 

ハカマの厚みを残し穴を開け、針の部分を削り込んでいきます。

整形

 

ここまで削り込むとかなり細くなり、非常に折れやすくなるため慎重に削っていきます。

完成

 

針の部分がほぼ削りだされたら、ハカマ部分を削り、ツツカナに丁度良く圧入出来る寸法に調整します。

時計に取り付けた様子

 

時計に取り付け完成です。

デザイン、色ともオリジナルに近いのではないでしょうか。