過去の修理・カスタマイズ
資料

針製作(秒針)

2010/02/26

アンティーク時計の修理と針の製作

製作前の秒針

時計の針は、その時計の時代、製造国、モデル、メーカー等によってある程度デザインが決まっています。

また、時針と分針はデザインが対で決まっていますので、たとえば時針がブレゲ針で分針がスペードだとかなり違和感があります。

当店は針の製作も致しますので、お気軽にご相談下さい。

今回は1800年後期のイギリス製懐中時計の秒針が、その頃のデザインとは若干違う秒針が取り付けられているため、製作いたします。

アンティーク時計の修理と針の製作

ケガキ

 

まず炭素鋼の板にハカマを取り付ける穴を開け、針のデザインをケガキます。

アンティーク時計の修理と針の製作

荒削り

 

荒削りの状態です。

アンティーク時計の修理と針の製作

秒針の削りだし

 

ここまでの細さになりますとかなり折れやすくなる為、慎重に削りだして行きます

アンティーク時計の修理と針の製作

ハカマの取り付け

 

 

針全体が削りだされたら、旋盤でハカマを作り、針にか締め付けま

アンティーク時計の修理と針の製作

磨き

 

ハカマが取り付いた所で研磨し青焼きを入れます。

アンティーク時計の修理と針の製作

秒針の完成

 

青焼き後、時計に取り付け完成です。

交換前と比べ全体に細く、お尻も長めにしバランスの飾りも丸ではなく、アーモンド形で、いかにもイギリス懐中時計の秒針らしく仕上がりました。

アンティーク時計の修理と針の製作

インジケーターの針交換前

 

ちなみにこちらの時計はインジケーター付きですが、その針も合わせの針が付いていました。

デザインは交換前の様な形状も当時ありますが、せっかくなので「イギリスのインジケーターの針によくある矢印型に交換を」

という事で、製作させていただきました。

アンティーク時計の修理と針の製作

交換後

 

こちらが完成し取り付け後です。

秒針とインジケーターの針が変わっただけで、時計の印象がかなり変わりました。