マサズパスタイムとは

ようこそ マサズパスタイム

マサズパスタイム 時計

住年の名機を完全な状態で購入したい

所有しているアンティークの懐中時計や腕時計を完全に修理したい
マサズ パスタイムはこのようなご要望をお持ちの方のためのアンティークウォッチショップです。

時計愛好家の皆さん、こんにちは。

1990年の創業以来、アンティークウォッチの魅力に取り付かれた私は、四半世紀余りの間、時計のご提供、修復に従事し、様々な時計に関わってきました。

アンティークウォッチとは「製造されてから100年以上の年月を経た時計」のことを指しますが、その中には、400歳を超える本格的な骨董品から、20世紀に入って製造された比較的若い時計まで、実に長い歴史的背景を持った多様な個体が存在します。

美しい装飾の施された時計や、質実剛健な機能美を持った時計。

一日に5分もの誤差の出るのんびりした構造の時計や、日差数秒以内というような高精度な時計。

それらのどれもが、当時から数100年の時を刻み続けることができるよう作られており、実際にそうして今日まで引き継がれてきています。
これほど長生きな精密機械が、他に私達の身の周りにあるでしょうか?

その上これはただの精密機械というだけでなく、外装も文字盤や針も入念に仕上げられた、美しい工芸品でもあるのです!

一方、近年の工業製品は、概ね大量生産の消費型、使い捨ての前提で製造されていますが、残念なことに、これは機械式時計に関しても同様です。

私は仕事柄、数100万円はおろか、数1000万円もするような現行の時計を拝見する機会がありますが、その度に、どの時計も素晴らしい外装部分(ケース)には似つかわしくない消費型の機械が搭載されている事実に驚かされます。

これら近年の機械式時計は、メンテナンスごとに多くの作動部分(若しくはムーブメントごと)を交換する仕様ですから(動かさずに保存しておかない限り)今から100年後にアンティークウオッチになることはまずありません。
つまりアンティークウオッチは、減ることこそあれ、増えることはないということになります。

結局、私たちは現在残っているアンティークウォッチを大切にせざるを得ないのですが、長い年月を経てきた時計は多かれ少なかれ疲労していたり怪我をしたりしていますし、中には過去の人為的な不手際により、完全な修復が不可能な欠陥を持った時計があるのも事実です。

困ったことに、これらの欠陥は表面上見えない部分に存在することが多いため機械的な状態の見極めは至難の業と言えますし、ましてやこれらの欠陥が接着剤やハンダ、セロハンテープ等で一時的に補修されている場合、時計は一見正常に動いています。

そのため、時計の入手後相当な時間が経過した後に重大な欠陥の存在に気付く、という残念なケースは後を絶ちません。


もし、今これを読んでいらっしゃる貴方が、

「安心して高品質なアンティークウオッチを入手したい」とお考えでしたら。

「所有している時計を、可能な限りきちんとした状態に修復したい」とお考えでしたら。

長年の経験と独自のノウハウを持つ私達に、是非ともお任せ下さい。


素晴らしいアンティークウォッチの魅力を、大いに楽しみましょう!

ようこそマサズ パスタイムへ!

パスタイム 代表挨拶