過去の修理・カスタマイズ
資料

フュジー チェーンつなぎ

2009/10/10

吉祥寺のアンティーク懐中時計の修理とエングレービング

チェーンが真ちゅうで修理してある様子

 

バージやイングリッシュレバー、デテントクロノメーター等のフュジー式(鎖引き)懐中時計には細いチェーンが使われていますが、稀にチェーンが切れてしまう事があります。

今回は切れてはいないのですが、過去の修理で切れた箇所を真ちゅうのリベットでつないでありました。

真ちゅうでは強度がなく、またすぐに切れてしまうので、元の熱処理された炭素鋼のリベットに戻します。

写真の下は人差し指の爪です。

吉祥寺のアンティーク懐中時計の修理とエングレービング

真ちゅう除去

 

まず真ちゅうのリベットを外します。

吉祥寺のアンティーク懐中時計の修理とエングレービング

リベット製作  

 

旋盤でリベットを削りだしていきます。

吉祥寺のアンティーク懐中時計の修理とエングレービング

リベット  

 

削りだされたリベットです。指の指紋の一つほどの長さです。

吉祥寺のアンティーク懐中時計の修理とエングレービング

交換終了

 

タガネを使いカシメていきますが、カシメ過ぎては動きが渋くなりますし、カシメ足らなくても良くありませんので、慎重にカシメなくてはいけません。

吉祥寺のアンティーク懐中時計の修理とエングレービング

交換前

吉祥寺のアンティーク懐中時計の修理とエングレービング

交換後

 

 

 

 

 

 

 

う一箇所、フックも真ちゅうでしたので、同じようにカシメ直しをしました。

吉祥寺のアンティーク懐中時計の修理とエングレービング

チェーン全体像

 

チェーンの全体像です、これで全てのリベットが修理され完成です。