過去の修理・カスタマイズ
資料

小鉄車製作

2010/02/24

 

歯の折れた懐中時計の小鉄車

 今回は歯の欠けてしまった小鉄車の製作です。

時刻合わせの際、ツツカナの油切れにより動きが重い状態で、無理にリュウズを回した事で折れてしまった様です。

小鉄車と噛み合う真ちゅうで出来ている日の裏車の歯も、ツツカナの回りが重いために全ての歯が斜めに曲がり交換が必要な状態です。

 

歯底の製作

 

まずこの歯車は、歯底が平らですので、歯底を切る為の歯を旋盤に取り付け、歯の数だけ切る必要があります。

歯底完成  

 

歯底が全て切れた様子。

歯先の切削

 

次に歯切りの歯を替えて、歯先の部分を切削していきます。

歯先の完成

 

歯の先端部分が全て切り終わりました。

ツヅミ車と噛み合う歯

 

次にこの歯車はツヅミ車が噛み合う歯の裏側も歯切りがされている為、もう一度歯切りの歯を替え、切削していきます。

ツヅミ車と噛み合う歯の完成  

 

これでツヅミ車と噛み合う歯も切れ、歯切りは終了です。

旋盤から切り離した新規の歯車(左)

 

歯切りの終わった新規の歯車(左)と歯の欠けている元の歯車(右)

熱処理後

 

切り終わった歯車を熱処理します。

旋盤で加工

 

熱処理後の歯車を、旋盤で中心に穴を開け、厚みを落とし時計に組み込める様加工していきます。

右は歯の欠けた歯車。

完成

 

最後に研磨して、時計に組み込み完成です。