過去の修理・カスタマイズ
資料

穴石入れ

2009/10/08

 
吉祥寺のアンティーク懐中時計の修理とエングレービング

2番下穴石が鉄のリングを使い修理してある様子。

2番車の下ホゾの穴石が割れてしまった為か、鉄のリングが変わりに入れてあり、地板の周りをつぶしてカシメ付けてあります。

センターも出ておらず2番車が傾いていますし、ホゾに傷が付き、このまま使えば故障の原因となる為、元の穴石の状態にレストアします。

吉祥寺のアンティーク懐中時計の修理とエングレービング

文字盤側

 

文字板側からの様子。

傾いてもいます。

吉祥寺のアンティーク懐中時計の修理とエングレービング

リングを取った状態

 

鉄のリングを取り除いた様子。

無理に鉄のリングをカシメた為か、周りが傷んでしまっているので、このままでは穴石を入れる事が出来ません。

吉祥寺のアンティーク懐中時計の修理とエングレービング

フェイスプレート

 

地板に2番受けを取り付け、受けの穴石に対してセンターが出る様に旋盤にフェイスプレートを取り付け、ムーブメントを固定します。

吉祥寺のアンティーク懐中時計の修理とエングレービング

穴加工の様子

 

送り台にバイトを取り付け、傷んだ地板の穴を削り取っていきます。

吉祥寺のアンティーク懐中時計の修理とエングレービング

傷んだ部分を取り去った状態

 

傷んだ部分を取り除いた様子。

この時計は、地板の素材が洋銀ですので、この穴に同じ素材の洋銀を入れ塞ぎ、その後穴石を入れます。

吉祥寺のアンティーク懐中時計の修理とエングレービング

完成

 

完成です。

吉祥寺のアンティーク懐中時計の修理とエングレービング

文字盤側

 

これで2番車の下に元通り穴石が入りました。